生き方

二極化の時代の生き方!バイオリズムを感じながら生きる

こんにちは、たっつんです!

ご無沙汰してます。

えーと、僕はと言うと、生きてますよ!笑

ここ最近、ずっと武学という武術のベースとなる学問(?)を体得するべく、活用稽古してました。

学問といっても、何か文献があるわけではなくて、師匠たちが一子相伝という方法で、伝授されてきた秘伝を自分の師匠から学んで人生に活かしています。

武学とは?

武学は・・・

いわゆる、不立文字という概念なので、文字であるわけではなく「エネルギー」として伝わってきたものを体得していくので、「考える」より「感じる」世界観を楽しんでいます。

接触でエネルギーを感じるので、

見た目には同じことをしていても全く違う現象が起こっていることがあります。

これは、動画で見ても分かりません。実際に体験するしかない世界です。

そんな武学は、指導者の学びとして、政治家や国のトップにのみ密かに伝わってきた学問です。

それを自分の師匠であるレノンリー 先生は「今この時代に隠し事は無意味だ」という考えでフルオープンにしてくれたので、自分が触れるきっかけとなりました。

二極化の時代

今、世の中では567騒動によって加速的に二極化が進んでいます。

そんな加速的に二極化が進んだ世界で、最も頼りになるのが「身体」です。
どんな自体も身体は正確に反応します。

逆に、思考は間違えます。

情報に洗脳されて、身体の感覚より誤差の多い方法で人生の重要な選択をしてしまう人も少なくありません。

自分の人生の主導権を自分に取り戻すために、最も重要なのは身体の感覚を優位にして生きること。それしかありません。

「Don’t think, Feel(考えるな、感じろ)」の世界

かのブルースリーの名言、

Don’t think, Feel(考えるな、感じろ)

この本当の意味を体感したことはありますか?

思考はたった数万年の歴史。

逆に身体の叡智は38億年です。

この真理は、身体には宇宙の叡智が宿っているということに他なりません。

38億年間、一度も死なずに引き継がれてきたDNAのスイッチを入れることで、この二極化の時代を楽しく、主体的に生きることができるようになるでしょう。

逆に、いつまでも思考優位で生きていると、周りの間違った選択や集団的な強迫観念で選択をし、自分を窮地に追い込むことになりかねません。

いずれにしても、身体の叡智を開き、38億年の叡智にアクセスし、DNAにスイッチを入れ、考えることから感じる世界観にシフトすることが、これからの時代を楽しむために必須になるのではないかと感じています。

バイオリズムを感じながら生きる

さて、そんな僕はと言うと、およそ3年にわたり身体の叡智を開くための稽古を積み重ねることによって、身体の感覚がより鋭敏になり、自分の波動や大きなリズム、いわゆるバイオリズムを感じられるようになってきました。

バイオリズムとは、BIO(生体)のRythm(リズム)ということで、周期的な波のようなイメージです。

個人的には、ある一定の期間で、武術よりの活動に魂が喜ぶ時期、ピタゴラ制作など創作により魂が喜ぶ時期というのが交互にやってきていることに氣付きました。

今はまさに、制作に喜ぶ時期。

そういった波を感じながら動けるようになることで、無理がなくなりストレスも激減しました。

人に会いたい時に会えなかったり、

一人で没頭したい時に人と会わないといけないと、無理が生じます。

なるべくそういった身体の進みたがっている方向性にブレーキをかけずに生きることで、

より楽しくストレスフリーに生きられるのではないかなと感じます。

もしあなたが、生き方に迷っていたり、悩んでいたらまずは身体の声を聞くことに集中してみてください。

もし身体の感覚が閉じてしまっていたら、まずは自然に触れるなど身体の声が聞こえやすい環境を整えて、しっかりと身体をゆるめることに注力してみてください。

これだけで、全然違う世界を観られるようになるかもしれません。

そして、継続的に感覚優位の世界を過ごすことで、どんどん身体の叡智が開くのを感じられるようになると思います。

そうすれば、情報による洗脳から脱し、本当に自分の生きたい世界を思う存分生きられるようになることでしょう。

そんな自分だけの世界を100%全力で楽しんでほしいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!