学び

【備忘録】エックスサーバー内でWordPressサイトを301リダイレクトする手順

個人的な備忘録です。

エックスサーバーにて別ドメインにWordpressサイトを301リダイレクトする手順。

それからエラーの出やすいphpadminのことを次に実行するときに忘れないように書き留めておく。

【失敗談】サーバー引っ越しとドメイン変更301リダイレクトやってみた!どうもたっつんです! ここ最近やり始めたことをシェアしたいので、また当ブログを再開することに決めました! なのでブログ削除は...

まず手順。

1.エックスサーバーのサーバーパネルからMySQLバックアップを選択。手動バックアップから旧サイトのMySQLをエクスポートしておく。

2.新ドメインのMySQLユーザー名・パスワードにてphpadminに入る。そこで、先ほどエクスポートしたファイルをインポート。

このときに、接頭辞wp_optionsのファイルの1と2のURLを新ドメインに切り替えておくことがポイント。ここを切り替えないと、後々Wordpressにログインできなくなる。ここをすっ飛ばして何時間も浪費した。汗

3.FTPツールにてエックスサーバー内から旧サイトのファイルをpublic_html内のフォルダから全てダウンロード。

4.FTPツールにて、先ほどダウンロードした旧サイトのファイルを新サイトのpublic_htmlにアップロード。

5.次に新サイトのwp-config.phpファイルのデータベース情報を書き換える。

6.そして最後に、エックスサーバーパネル内のサイト転送設定の項目で、301リダイレクトしたい新URLを記載し完了。

 

エラーが出たポイント

最初、phpadminから直接MySQLファイルをエクスポートしてバックアップを復元する方法でやってみたところ、なんどもエラーが出てしまい断念。

ダメ元で、エックスサーバーのサーバーパネルからエクスポートしたら一発でインポート成功。

それから、wp_optionsのURLが旧URLのままなのに氣付かずに何度もログインを試みて時間を大量に浪費したので、その2点は要注意。

 

2020年2月17日追記

なぜか、サイトで500エラーが出てしまいトラブルシューティング。

調べたところ、301リダイレクトをかけた状態のDBをバックアップして再度インストールしなおしてしまってたのが原因のようです。 .htaccessファイルが書き換わってました。

301リダイレクトが記述された.htaccessファイルを通常の状態に書き直したら正常にサイトが反映されました。

500エラーは.htaccessファイルの記述ミスによることが多いようです。

 

以上。