ネットビジネス実践

オウンドメディアのマネタイズに成功するために最も重要なものとは?

オウンドメディアを構築し、マネタイズに成功し月に100万円以上の金額を稼ぐ。

しかし、それが1か月だけの成果だったらどうでしょう?

あなたは継続的にオウンドメディアでマネタイズし続けることを望んでいませんか?

実は、自分もずっと成功の定義を間違っていました。

一時の稼ぎに目をくらませ誤った方向に進んでいたのです。

しかし、先日オウンドメディアで継続的にマネタイズし続けるために最も重要なことが解明できました。

包み隠さずにシェアします。

オウンドメディア構築塾1期から3期全て参加した本音レビューこんにちは、たっつんです。 2019年になり、もはや被リンクを使ったSEO対策「ブラックハットSEO」は終わったなんて言われてます...

オウンドメディアのマネタイズ方法いろいろ

オウンドメディアのマネタイズ方法にはいくつも種類があります。

アフィリエイト広告

アフィリエイトという方法で、他者の商品を紹介するバナー広告を貼ることでマネタイズします。

自分の紹介した商品を販売ページにて購入されると、自分に紹介料が入る成果報酬型の仕組みです。

紹介する商品の良し悪し、紹介の仕方などが成約率に直結します。

アドセンス広告

アフィリエイト広告とは違い成果報酬ではなく、クリック報酬型の広告です。

要するにクリックされればお金が発生するマネタイズ方法なので、より初心者向きです。

報酬額はオウンドメディアのPV(ページビュー)に比例するので、より多くの読者を集めることで稼ぐ金額も増えていきます。

物販(ネット通販)

自社の商品を販売する方法です。また転売などで実際の商品を販売することでマネタイズします。販売者の責任が発生しますので初心者にはハードルが高いですが、利益率は高くなります。

またネットショップなどでの通販サイトに送客してマネタイズする方法もあります。

要するにオウンドメディアが集客媒体になるので、アクセス(お客様)の導線さえできればマネタイズの自由度は高くなります。

自社サービス販売(少人数)

物販は現物として商品がある場合ですが、自社サービスの場合もマネタイズの基本は変わりません。

サービスの価値を提示し、その価値を感じた人がお金を払います。

オウンドメディアで集客し、そのお客様に対してどうやって自社サービスの魅力を伝えるページまで誘導するのかがカギを握ります。

占いやコーチング、コンサルティングなど幅広い自社サービスの販売が可能です。

イベント企画(大人数)

大人数が対象のイベントも自社サービスと同じで、魅力を伝えるページに誘導してから参加を促すわけですが、オウンドメディア上のサイドバーやページ下部に誘導バナーを掲示して導線を引くパターンが一般的です。

セミナーや勉強会、独自のセッションなど大人数が相手でも様々な商品があります。

それに対してマネタイズ方法も色々ありますが基本的な導線としては、商品説明ページを作りそこまでの導線をいかにデザインするのかがオウンドメディアでのマネタイズの大きなポイントになります。

オウンドメディアで成功するために定義を再構築する

まず、改めて見直したいのがオウンドメディアの定義です。

オウンドメディアをただの「金儲けツール」と考えていると、長期的、継続的な収益かは難しいでしょう。

しかしオウンドメディアの定義を「自分を表現するツール」とすると、また違った世界が見えてきます。

そもそも、オウンドメディアとは「オウンド=所有する」「メディア=媒体」です。

その所有する期間について、バイアウト(メディア売却)を考えている人以外は、一生涯という覚悟を持つ必要があります。

逆に「一生涯」という覚悟を持って構築しなければ、マネタイズが一時的なものになる可能性があります。

もちろん、一時的な所有を目的にメディア構築をしてバイアウトする戦略も否定しません。

しかし、それは経験者が行うべきことで、初心者は1つ目のオウンドメディアにコミットしなければ次のメディアの成功はありません。

ですので、とにかく1つ目に構築するオウンドメディアは「自分を表現するツール」として「一生涯」運営していく覚悟を持って取り組むとマネタイズも上手くいくでしょう。

では、なぜそう言い切れるのか、についてご説明します。

なぜオウンドメディアを「一生涯取り組む自分を表現するツール」と定義するとマネタイズが上手くいくのか?

結論から言います。

ありのままの自分を表現するオウンドメディアは運営していてストレスがないので、継続がしやすく、かつ「貢献」にフォーカスが当たるので、必然的に稼げていく。

「は?!」

と思った方もいるかと思いますので詳しく解説していきます。

まず初めに、この人間の真理からお伝えしないといけません。
それは、「人間は貢献をするために生まれてきた存在」だということです。

実は、人は誰しも「貢献したい」と心の奥底では思っています。
そして、自分が誰かのために何かをし「ありがとう」と言われることで喜びや幸せを感じる唯一の生き物でもあります。

つまり、人は心の底では誰かの為に何かをして幸せになりたいという根源的な欲求があるわけです。

この根源的な欲求を刺激し続けることが出来れば、オウンドメディアの継続的な成功の確率が上がります。

目先の利益に囚われないオウンドメディア作りがマネタイズのカギ

どうしても「稼ぎたい」という氣持ちが出てしまうのは分かります。
しかしそこをグッとこらえて「貢献」にフォーカスが当たらないと結果的にオウンドメディアのマネタイズは失敗します。

結局、お金はエネルギーなので、エネルギーを自分の方に集めたければ、「流れ」を作らないといけません。

自分と他者とをエネルギーのパイプでつなぎ、そのパイプを伝ってエネルギーを自分の方に流す必要があります。

しかし、一方的に相手から略奪するかのように奪うのは詐欺や強盗など犯罪行為に直結します。

犯罪以外に自分の方にエネルギーを流すための唯一の方法が「貢献」です。

相手との間にエネルギーのパイプをつなぎ、まずは自分がお金以外の方法で相手にエネルギーを流します。

この場合のエネルギーとは、より分かりやすくまとまった情報や、読むこと、触れることで心が豊かになるといった貢献のエネルギーです。

これをパイプを伝って相手がエネルギーとして受け取ると、その反動で感謝のエネルギーをパイプを伝って返してくれます。

それが時にはお金になるし、時には感謝の言葉になったり、人を紹介するといった人脈として返ってくる時もあります。

これら一連の流れは目先の利益に囚われていたら絶対に実現できません。

それは、必ず自分から与えるという行為が必要になるからです。
そして、オウンドメディアを構築する場合に、この貢献が実体化するまでに3ヶ月から6か月ほどの期間がかかるので、今すぐに稼ぎたい人にはそもそも参入障壁が高すぎるのです。

あなたのコア(志)で経済を回し月収10万円 突然ですが、 あなたにはこんなお悩みありませんか? 今の仕事にやりがいが感じられない。 毎月あと5万円でも収入...

オウンドメディアのマネタイズに成功するために最も重要なものとは?

さて、オウンドメディアのマネタイズに成功するための大きな概要が見えてきたと思います。

ここで、この記事の核心です。

オウンドメディアのマネタイズに成功するために最も重要なポイントについてご説明します。

ここまでの中で、オウンドメディアとは原則として一生涯作り続けていく自分を表現するためのツールととらえるとマネタイズに成功しやすいとご説明しました。

さてそんなマネタイズの成功を最も左右する要素が何かお判りでしょうか?

それは・・・

オウンドメディアの理念です。

何のためにオウンドメディアを運営するのか・・・です。

自分自身、オウンドメディア構築塾という勉強会に参加して、1つ目のオウンドメディアがブレイクスルーしきれなかった原因はここにあると感じています。

そして2つ目のオウンドメディアについては明確な目的意識を持って取り組み始めて良い結果が出てきています。

何のためにオウンドメディアを運営するのか、というと「もちろんお金のためだろう!」と反論する人もいるかと思いますが、何度も言いますがお金で人は本当に幸せにはならないのです。

相対的な幸福感と絶対的な幸福感

人が感じる「幸せ~♪」には2種類あります。
それが相対的な幸福感と絶対的な幸福感です。

お金を稼ぎたいと思う心理の裏側には、相対的な幸福感が見え隠れしています。

他の人より良い車に乗りたい。
他の人より良い家に住みたい。
他の人より・・・

このように他者との比較などによって感じる幸福感を相対的な幸福感といいます。

これに対して、前述の「他者に貢献することによって感じる幸福感」を絶対的な幸福感といいます。

誰かの為に何かする。

これによって「喜び」を感じ「幸せ」って感じる。

この結一無二の幸福感こそがオウンドメディアのマネタイズ成功のためのカギです。

そして、その貢献のカギを握るのがメディアの理念です。

オウンドメディア構築塾1期から3期全て参加した本音レビューこんにちは、たっつんです。 2019年になり、もはや被リンクを使ったSEO対策「ブラックハットSEO」は終わったなんて言われてます...

自分の人生の目的とオウンドメディアの理念を合致させる

オウンドメディアを一生涯続けていく自己表現のためのツールであると定義したのには理由があります。

それは、自分の人生の目的とオウンドメディアを運営していく目的がズレると続かないということを経験したからです。

オウンドメディアを成功させるためには、継続が必須です。

オウンドメディアを運営し続けることで、他者に貢献し、金銭的にも自分の内面的にも満たされる循環が起きている状態。

この状態こそがオウンドメディアの究極の成功だと思っています。
マネタイズのさらに先にある成功ともいえます。

オウンドメディアで成功していくと、自分の人生もおのずから成功に近づく。

人生の成功とは、自分の人生の目的が達成されることです。

あなたは何のために生きていますか?

それを表現するツールがオウンドメディアだと僕は思っています。

オウンドメディアのマネタイズを成功させるためのおすすめの方法

オウンドメディアのマネタイズを成功させるためには、まずは貢献していくことが重要です。

記事やコンテンツ単位で価値を提供しつつ、あなた自身の商品を通してより大きな貢献をすることでより大きな金額を稼ぐことが出来るようになります。

その「商品」がエネルギー交換の媒介になります。

あなたが提供できる商品って何だ?

物販をやってる方ならその商品、サービスを提供している方ならそのサービスが「商品」ということになります。

その「商品」を通じて貢献することでマネタイズの流れが出来ます。

具体的には、

旅行が好きな人は、旅行メディアを運営し、旅行を通じて得られる人生レベルでの氣付きをコンテンツにしてオウンドメディアを構築していく。

その中で旅行をしながら自分の人生の目的を達成していく「生き方(ライフスタイル)」を商品として販売していく。

もっと具体的に言えば、

自分自身の旅行にまつわる数多くの体験談を、需要のあるキーワードでテーマ分けして記事に起こす。

その記事を通じて出会ったお客さんに自身のメルマガや会員サイトに登録してもらい、より親密な間柄を構築する。

さらに濃密な情報提供などエネルギーを与えることで、自身のファンになってもらい、より大きく貢献できる商品の存在を知ってもらうことで、購入してもらうことでマネタイズが出来る。

その商品があまりにも素晴らしくて、価格以上の価値を感じてもらえることで感謝され、よりファンとの間に強い絆が生まれていき、さらに貢献していきたいという感情が芽生えていく。

こんな流れならマネタイズで成功しつづけることは容易にイメージできます。

これこそが、オウンドメディアで本当の成功といえるのだと思っています。

そのためには、オウンドメディアで自分の人生を通して成し遂げたいことを体現していく方法が最もおすすめの方法です。

あなたにしかできないことで、感謝されお金も本当の幸せも手に入れてみませんか?

これから、こちらのメルマガで「自分の好きなこと、得意なことで貢献してお金も稼いでいくオウンドメディア実践講座」の情報をお伝えしていく予定です。

興味のある方はぜひ登録しておいてください。

あなたのコア(志)で経済を回し月収10万円 突然ですが、 あなたにはこんなお悩みありませんか? 今の仕事にやりがいが感じられない。 毎月あと5万円でも収入...